チャットピアでチャトレの人妻とリアルで会ってエッチできた

sakanaさん(65歳 男性 神奈川)によるエロ過ぎライブチャット体験談です。
ライブチャットで出会った元人妻とセックス
ライブチャットで出会った元人妻とセックス

私が体験したのはチャットピア人妻・熟女専門ライブチャットという、私の知る限りでは結構古いライブチャットです。

キャバクラと似たり寄ったりの価格設定だったので、はじめは暇つぶし程度のつもりで始めました。

ライブチャットは自分の部屋に入ってほしくて、無料の状態の時に脱いだり、大人のおもちゃを横に置いたりして期待感をあおります。

お気に入りの清楚な女性

その中に、私のお気に入りの女性がいました。

年齢は38歳、細身でしとやかな感じです。

色気はあまりありませんが、良妻賢母といった感じでしょうか。

一緒に掲載されている写真を見ると地味ながら、清楚な服装です。

普通は下着の写真だったり、胸のアップだったりを載せるのですが、全ての写真が立ったままの変哲のない写真です。

ある意味、異色です。

とはいえ、やる気が無いのか!と突っ込みたくもなります。

彼女に注目する女性が少なかったこともあり私は彼女の部屋にインすることにしました。

ゆっくり話しました

多人数チャットはちょっと肌に合いません。

ゆっくり、お話が出来る方が良いのです。

最初は30分くらい話しました。

脱げ!とかおっぱい見せろ!とか、おもちゃは使わないのか!といった会話はゼロです。

そういうのを期待するのなら、他の女性を選んでいたと思います。

とはいえ、彼女も気になったのか「脱ぐね」「お話だけというわけにもいかないものね」という感じです。

正直な話、私はこれが最初で最後だと思っていましたが、会話が終わった後で彼女にメールを送りました。

なんとなくそれが正義のような気がしたのです。

ゆっくり話せたことが楽しかった、という程度の簡単なものです。

彼女とまたライブチャットを

一週間ほど私の中から彼女の記憶が消えていました。

たまたま、時間があったのでこのライブチャットをのぞくと彼女はインしていません。

他の女の子とちょっと覗いていましたが、何故か彼女が気になったので退会はしていなかったので、「今度はいつinしますか、また、お話したいです」程度の簡単なメールを送りました。

数日たって返事があり、インする予定が書かれていました。

話はライブチャットでの出来事などです。

ほとんどが嫌な思いをした話ですが、それはしょうがありません。

お金はそうは簡単に稼げません。

私みたいな人ばかりだと良いのだけれどと言うので、それは違うでしょ・・みたいな話をしていました。

私だって彼女の裸やいやらしい姿が見たいのです。

それでオナニーをしたいのです。

彼女は私のリクエストに応えてくれましたが、いまいち乗り切れない感じです。

もともと彼女は風俗には向いていない性格なのでしょうね。

それが、新鮮と言えば新鮮なのですが。

彼女の悩みを聞いた

そんな感じの付き合いが半年ほど続きました。

後半は脱ぎもない会話中心でしたが、それはそれで楽しかったのです。

抜けるだけの子はいくらでもいるのがライブチャットです。

その中で彼女が離婚を考えていること、離婚後の生活費をライブチャットで稼ぎたいこと、勇気を出してデリヘルに勤めてみようかと思っていることを知りました。

人手不足のご時世ですから、デリヘルまで行かなくともと思うのですが、やはりパートの収入で生活というのは限界があるらしいのです。

会話の中から私の住んでいる場所の検討が彼女には付いていました。

電車で2時間くらいのところということです。

約100キロの距離です。

私が「一度、会って相談にのろうか」というと、下心丸見えと笑われました。

彼女と会うことに

それでも、心細いのか数日後に連絡があり、セックスなしという約束で会うことになりました。

ライブチャットの人妻と会える!

それだけでも有頂天です。

ふたりの中間点より少し私の住んでいるところに近い駅で待ち合わせをして、喫茶店に入りました。

お互いに「不思議ですね、こんな形で会うなんて」みたいな話で盛り上がり、彼女の離婚話やライブチャットでの収入の話などを、ほぼ一方的に聞かされました。

なんの結論も出せないままでしたが、話したことで彼女は満足したのだと思います。

2件目の喫茶店を出ると手を繋いできました。

顔を私の肩に乗せてきました。

それをきっかけに「いいのかな。その気になって」というと、うなずくのでそのままラブホテルへ。

ラブホテルでセックス

チャットでは大人しかった彼女ですが、積極性はないものの感じやすい体で、かなりの満足感を得ることが出来ました。

キスから始まり丁寧に舌を使って愛撫したので、それなりの満足感は彼女にもあったと思います。

ライブチャットの女と会えるとは思ってもいなかったし、出来るとも思っていなかったので感動ものです。

彼女とはその後、2カ月に一回ほど会う関係になりました。

30代後半の元人妻をセフレに出来るなんて、世の中は予想外の連続です。

管理人の定岡です。
sakanaさんが出会った女性はライブチャットが得意という訳ではなさそうでした。
ライブチャットのチャトレは報酬を得てはいますが、基本は素人ですので様々なタイプの女性がいます。
まだ慣れてない女性はゆっくり紳士的に話す男性に安心感を持つでしょう。
ライブチャットではオナニーするだけの関係、と考えず頼れる男性として接することで後々今回のようにリアルセックスにつながることも。
チャトレのオナニーを見るだけでなく、生でエッチもできたら最高ですね。