凄い美人のアナルを見ては興奮してイって精子を勢いよく出す

綺麗な女性とお話がしたいと思い、スマホライブチャットに電話をしてみました。

少し経ったら女性とつながりました。

「あっ、今晩は。何してたの?」と聞いてみたら、「今ね、好きな人のこと考えてたの」と言うので、「えっ?好きな人いるんだ」と聞いたら「ううん、これから好きになる人のことを考えてたの」と言ってきました。

何だかドキンとしながらも彼女の顔が気になります。

「ねえ、君ってどんな感じの人?」と聞いたら「あたし?うーんそうだなあ、モデルの誰かに似てるって言われたことがある」と言ってきます。

「モデル!凄いね!ねえ、顔見せてくれない?」と頼んでみました。

すると、「うん、良いよ」と言ってはスマホで自分の顔を撮って見せてくれました。

そこに映る女性の顔は、目は美しい二重で鼻は高く、まるで女優のような美しい顔でした。

今までに普通に暮らしていても、絶対こんな美人とは出会うことなんてないだろうと思ったほどに綺麗な人でした。

綺麗すぎて緊張してしまいました。

高鳴る鼓動を抑えつつ、「すっごい綺麗ですね」と褒めました。

「ありがとう。嬉しい」と喜んでいました。

俺はそんな女性ともっとお話がしくなり、「あのよかったら君を何て呼べばいいのかな?」と聞いてみました。

「私?じゃあマリって呼んで」と言います。

マリだなんて、ますますその女性と親近感がわいたような感じになり、俺は「俺のことマサって呼んでよ」と言いました。

「マサちゃん」と凄い美人に言われて、俺はもうドキドキもピークに達しました。

そんなドキンドキンとしながらも、彼女に「君の胸って何カップですか?」と聞いてみました。

すると、「エッチねえ、私の胸はCカップよ」と教えてくれました。

Cカップは俺が大好きな大きさです。

もういてもたってもいられず、「ねえ、胸が見たい」と頼んでみました。

すると「いいよ」と言っては胸を見せてくれたのです。

その胸は真っ白で乳首がピンクでした。

美しいピンク色の乳首に、思わず吸い付きたくなります。

「ああ、その乳首をしゃぶってみたいよ」と言いました。

「ふふふ、私もあなたのおチンチンをしゃぶってみたいな」と言ってきます。

もう頭がおかしくなりそうです。

ビンビンするおチンチンを手で触りながら彼女の胸を見ているうちに、そのおチンチンを彼女のアナルに入れてみたいという欲望が渦巻くのでした。

「ねえ、アナルが見たい」と言ったら、彼女はパンティを脱いで可愛いアナルを四つん這いになって見せてくれました。

そのアナルに入れているように気持ち良くなり、勢いよく精子を出してしまいました。