ライブチャットで金髪ロリ巨乳天使エリーと出会った

SaKisさん(34歳 男性 兵庫県 運送業)によるエロ過ぎライブチャット体験談です。

SaKisさんはライブチャットを利用してみると、フランス人の金髪美少女がいるのを見つけます。
さっそく話しかけてみて、最初はアダルトはなしな彼女でしたが、ツーショットに移るとだんだんガードを緩めてきて・・!?

金髪巨乳のオナニーが見れる
金髪巨乳のオナニーが見れる

特に趣味もなく、残業で荒稼ぎしたお金のほとんどは風俗に突っ込んでいた。

13のときに初体験して以来セックスが大好きで、働きだしたら風俗行きまくろうと思っていた。

そんな生活も10年を過ぎると飽きてしまった。

ライブチャットにハマった

そこでハマったのが、オンラインのエロサービス。

出会い系やなんかを色々漁っているうちに、「美少女パイパンオ○ニー」みたいな動画が増えてきていることに気づく。

そこからはまるライブチャット。

すぐに課金し、DMMのライブチャットを始めるが、どいつもこいつも出し惜しみしやがる(笑)

課金したポイントが無くなったらやめようと思っていたところに、現れたのですよ、私の天使が(笑)

金髪の天使

名前はエリー。

なんと、フランスから留学してきているという。

即アクセスすると、超美人のロリ少女(しかも爆乳!!)がカメラの前に座っているではないか!

日本語もたどたどしく、あんまりエッチな経験も少ないと言う彼女にすっかりほれ込んでしまい、彼女が定期的に配信している時間は仕事を切り上げてでもアクセスしていた。

初めの頃は参加者も多く、プッシーみせてよ~とか、乳首、ちょっとだけ!とか言っていたのだが、恥ずかしがるだけで、全くサービスは無し。

そうなると、当然の結果として、日々アクセス数は減って行った。

あるとき勇気を出して双方向ライブの2ショットチャットへと誘ってみると、まさかのOK!いつも見にきてくれてるよね、とか気になってた、意外とイケメンだね!などと嬉しいことを言ってくれるではないですか。

そうなるとがぜん張り切りだす、我が息子(笑)是が非でもエリーのおま○こを見なくては収まりません。

エリーがかわいいからこんなになったと大きくなった息子をカメラに移すと、激しく照れるエリー。

か、かわいい!見たい?と聞くと照れながらもうなずくエリー。

我が自慢の息子をポロンすると、遂に笑いながら顔を覆うエリー。

うわー、もうヌきたい(笑)そこはグッと我慢して、エー、僕だけ?と聞いてみる。そうすると、どこが見たい?と聞いてくるエリー。

みんなプッシーばっかり見たがるからなんかいやなの、と言ってくるのでとりあえず大好きなおへそを所望する。

すると、すんなり見せてくれるではないか!!ここで、私の息子は限界。

ヌきたい、というと意味がわからないと言う。

マスターベーションというとまた照れるエリー。

見たい、と言ってくるので交換条件を出す。

おっぱい見せて、というと笑いながら服を脱ぎ始める。

予想以上の爆乳に我慢汁が滴り始める(笑)スケスケのエロ下着が現れ、あれ?プッシーがモザイクほども隠れていません!軍曹殿!しかもパ…パイパンだとっ!もう駄目。

カメラに向かって3こすり半でフィニッシュ。

カメラのレンズにぶっかけたせいで、こっちが見えなくなり、エリー大爆笑。

二回戦も楽勝

エリー、好き、とつぶやくと、すごく喜んでくれて、彼女もSaKisさん、私も好きだよっ、と言ってくれる。

息子、わずか30秒でリブート。

もう一回!などと言ってくれるので、じゃぁ、僕にだけプッシー見せて、とういうとちょっと硬い表情になって真面目な顔でパンティを脱ぎ始めます。

イイヤッホォオオウ、やっぱりパイパン!

私も一緒に気持ち良くなる!といって既に濡れ始めているオマ○コをいじり始めるエリー。

数秒でお互いフィニッシュし、しばらく放心状態だった。

二人ともハァハァしながら、大爆笑。ま

た2ショットしていい?というと、エリーはイヤ、と一言。

少し傷つく私。

もうライブチャットはしないと言う。

「私、○○に住んでるの、次の日曜日、いつもの時間に会いたい。連絡して」

こうして金髪ロリ巨乳の彼女が出来た。

体は最高の相性。

フランス人にしてはものすごく小柄な彼女は、何と処女で、あっちはとても狭く、いつも貪欲に絞り上げてくる。

体も心も近づいた。

ありがとうDMM。

冬は寒いそうなので、年が明けたら、ベルギーとの国境近い彼女のご両親に挨拶へ行くことになっている。

管理人の定岡です。
なんて良い話なんでしょうか!
SaKisさんはライブチャットを利用してフランス人のエリーさんと出会い、結婚することになりそうですね。
日本のライブチャットサイトでもたまに外国人の女性がいることはあるみたいです。
ライブチャットからの国際結婚、ライブチャットがつなげてくれる縁は思ったよりも大きなものですね。